運転免許ローンの審査基準!教習所代を借りるには?

MENU

運転免許ローンの審査基準!教習所代を借りるには?

 

教習所費用も借りれる!

人気のカードローンはココ

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!

 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

 

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

 

 

 

今では多くの人は自動車免許を持っています。

 

そんな自動車の運転免許を取得するためには、一般的にはまず自動車学校の卒業検定をクリアし、そしてセンターの本試験の筆記で合格点を取らなければいけません。

 

 

世界的に見ても日本は運転免許証を取得するために必要な費用が「非常に高額」と言われており、経済的な負担がどうしてものしかかってきます。

 

自動車学校を利用するための必要費用を出せない場合には、いわゆる自動車学校ローンといったローンを組むことができ、これによって経済的負担を軽減することが出来ます。

 

しかし、当然のことですが、自動車学校ローンを利用するためには、厳しい審査に通過する必要があり、これは決して緩い審査ではありません。

 

数十万円といった教習所の学費を借入れし、教習所からローンを組むのですから当たり前のことです。

 

 

ただ、教習所のローン以外にも「一時的にカードローンなどでキャッシングをして、自動車学校の学費として利用する」といった方法があります。

 

消費者金融や銀行などのカードローンはフリーローンですので、自動車学校の学費としても使うことが出来ます。

 

 

こうすれば、仮に教習所ローンを組めない場合でも、教習所代に20〜30蔓延を借りる事が可能です。

 

また、満20歳以上で安定収入gああれbあ、カードローンは保証人の必要はありません。

 

自動車学校や教習所の免許ローンとなると、多くの場合保証人を必要としてきますので、カードローンでかりたほうが楽でしょう。

 

 

各カードローン業者の審査基準により、審査に通るか通らないかの結果は変わりますが、概ねどの金融会社でも似たような審査基準が適用されています。

 

もし教習所ローンを組めないのでしたら、大手カードローンに申込するのがおすすめです。


アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!


※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり


※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

 

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

 

関連ページ

MMCダイヤモンドファイナンス
三菱ダイヤモンドファイナンス株式会社のマイカーローンは審査の基準が緩いのかどうか調査してみました。