専業主婦でもお金を借りれる消費者金融や銀行はある?

MENU

専業主婦でも配偶者貸付であれば借り入れ可能な場合も!?

 

 

「旦那の給料だけではクレジットカードや住宅ローンの支払いをすると生活費がギリギリ!」と日々節約で苦労している主婦は多いと思います。

 

しかし生活費を切り詰めなくてはならない状態が続いているという事は、車検や子供の学校行事などまとまったお金が必要になった時に対処が出来ませんよね?

 

そういった急なお金が必要になった時、1番早い解決策は消費者金融や銀行カードローンでお金を借りる事です。

 

しかし、すでにご主人が住宅ローンや複数の会社から借金をしている場合は、総量規制により新たな借入が出来ない事があります。

 

その場合は「夫名義」ではなく「妻名義」で融資を受ければいいのですが、専業主婦は金融機関によって借入が出来ない事もあります。

 

しかし、絶対に無理!というわけではありません。

 

銀行カードローンでしたら、総量規制の対象外になり、収入証明書の提出もなく「配偶者貸付」というものがあり、収入のない専業主婦でも配偶者の年収の3分の1までは借入が可能です。

 

もしご主人が任意整理をしていれば、消費者金融での借入は難しくなりますが、銀行系ローンカードだと借入も可能になる事があります。

 

また、キャッシングをする際、収入により利用限度額は変わりますが、ローンカードを利用する際、金利のチェックも忘れずにしておきましょう。

 

借入額が大きければ金利も安くなりますし、大手消費者金融では30日間無利息という所もあるので上手に利用しましょう。

 

このように専業主婦でも借り入れは可能ですが「すでに複数の会社から借金をしていて、その返済の為にまた借り入れ…」となると、あっという間にローン地獄に陥ってしまいます。

 

借金をする時はしっかりと返済計画を立ててからにしてください。