生活費が足りなくてどうしてもお金がほしい時はどうするかについてです。

MENU

生活費が足りなくてどうしてもお金がほしい時は?

生活費が足りなくてどうしてもお金がほしい時

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!

 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

 

生活費が足りなくて「どうしてもお金がほしい、必要だ」というときや、お金がほしい時はどうすれば良いのでしょうか?

 

やむを得ない理由でお金を用意しなければいけない状況は誰にでもあるものです。

 

ここでは「どうしてもお金がほしい方」のためのお金の作り方をご紹介します。

 

 

【このページの目次】

 

どうしてもお金がほしい場合、まずは生活費の見直しを!

 

生活費が足りないという理由で、どうしてもお金がほしいといった場合、まずは家計のやりくりを見直すのが大切ではないでしょうか?

 

例えば「水道光熱費や携帯代、衣服代、食費、外食代、交際費、ガソリン代」などで「抑えられそうな出費はないか?」を見直すと良いでしょう。

 

特に雑費は意外と見直す点がある部分ですので、必ずチェックしましょう。

 

 

もし生命保険に加入している方は、「安いプランに変更してほしいのですが」と聞いてみるのもよいでしょう。

 

このように、生活費が無くてどうしてもお金がほしいという場合は「生活の上での無駄使い」が無いか確認しましょう。

 

 

どうしてもお金がほしい時は「おこずかい」を減らすのも1つの手

 

また、結婚されている方は可哀そうですが、「主人・旦那や家族の小遣いを一時的にでも減らす」といった工夫も必要かもしれません。

 

ママ友との付き合いも出来る範囲でよいので、どうしてもお金がほしいのであればできる限り減らすのも手でしょう。
独身時代であれば余裕だったかもしれませんが、結婚をすると何かと出費が増えます。

 

小中学生の子供がいるご家庭であれば、学校の教育費や、医療費・医療保険などかかりますから、お金がほしいのであれば削れる所は削ったほうが良いです。

 

家賃や家のローン等はさすがに変えるのは無理ですから、どうしてもお金がほしいのであれば、まずは出来る所から見直しを図りましょう。

 

 

お金がほしいなら貯金を崩すことも検討

 

今の給料だけでやりくりするのが難しく、どうしてもお金がほしいのであれば「貯金」から崩して足しにする手もあるでしょう。

 

ただし定期預金などを行っていると簡単には貯金を崩すことは難しく、あまり現実的な話ではないかもしれません。

 

もちろん、貯金が無いのであれば、お金がほしいとしても手元に用意することはできないのが現状です。

 

もし「貯金が無いが、どうしてもお金がほしい」という場合は下記の方法を検討するのがオススメです。

 

 

カードローンならどうしてもお金がほしい時も便利!

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!

 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

 

「どうしてもお金がほしい時に一番スピーディーな方法」としてオススメしたいのが「カードローンによる借り入れ」です。

 

長期的な借り入れであれば他の方法が良いですが、あくまで一時的に「どうしてもお金がほしい」という場合であればカードローンは最適です。

 

カードローンでは条件を満たせば最短即日で欲しいお金を借りることができ、借入額も20〜30万円程度であればキャッシングすることはそこまで難しくありません。

 

 

また、大手の消費者金融や銀行系カードローンであれば、パートやアルバイトでも安定した収入があれば利用できる可能性は十分にありますので、その気軽さも他のローン商品にはない魅力です。

 

このように、どうしてもお金がほしいという時のために一枚持っておくと非常に役立つカードローン。

 

ただし借りるわけですから返済をすることをお忘れなく。
どうしてもお金がほしいという場合でもご利用は計画的に行いましょう。

 

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!

 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

 

主婦でお金がほしい場合、借りる条件は?

 

どうしてもお金がほしい時、カードローンでお金を借りるという方法がありますが、果たして主婦でも利用することはできるのか気になるところです。

 

主婦がカードローンを利用するにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは主婦がお金を借りる方法について紹介しています。
どうしてもお金がほしい主婦の方は参考にしてみてください。

 

カードローンを利用する上で絶対にクリアしていないといけない条件が「満20歳以上で収入があること」です。

 

これをクリアしていないことには、主婦だろうが関係なく、基本的に申込み資格はないということになります。

 

基本的に雇用形態の制限はありませんので、正社員でなくても問題ありません。

 

つまり「パートで収入を得ている主婦」の方は問題なく申し込めます。

 

パート働きの主婦さんであれば、消費者金融のキャッシングでも銀行カードローンでも申し込むことが出来ます。

 

ただし、銀行カードローンは審査基準が厳しいですから、「どうしてもお金がほしいので、確実性を重視したい」という主婦の人は、大手消費者金融を選ぶのがオススメです。

 

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!

 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

 

専業主婦はお金が欲しくても借りるのは難しい!?

 

一方で専業主婦は「働いていないため、自分に収入がない」ので基本的に「消費者金融のカードローンの利用は不可」となります。

 

ただし、例外措置として「配偶者の年収合算で申し込みが可能」という「配偶者貸付」を行っている金融業者もあるので、この方法であればどうしてもお金がほしい専業主婦も借りることは出来ます。

 

しかし、利用するのに必要となる書類が多く、手続きに時間がかかるのがネックとなります。

 

また、配偶者の同意が必要となりますので、旦那に内緒で借りることは出来ません。

 

 

その他だと、専業主婦OKの銀行カードローンで借りることも可能です。

 

この場合は配偶者の同意書は不要となります。

 

配偶者貸付よりも手続きは簡単ですので、比較的スムーズに借りることができるでしょう。

 

ただし、審査時に夫の勤務先へ在籍確認が行なわれますので、やはりお金がほしいとしても内緒でお金を借りるというのは難しいです。

 

パート主婦の場合は本人名義で契約できるので、旦那に内緒でお金を借りることも十分に可能ですよ。

 

このように、専業主婦の場合はどうしてもお金がほしい時に中々すぐに借りることができないのが現状となります。

 

 

大学生でもお金がほしい!借りる時の条件は?

 

大学生なら「どうしてもお金がほしい」という状況になることは決して珍しいことではありません。

 

「学生だからカードローンを利用するのは無理」と諦めてしまっている方も多いですが、実は学生でもカードローンを利用することは出来ます。

 

では学生がどうしてもお金がほしいという時、どうやって借りればいいのでしょうか?

 

 

まず、大学生がお金を借りるためには「安定収入」がないといけません。

 

ですから「アルバイトで収入を得ている学生」ならカードローンで借りれる可能性があるということになります。

 

ただし、アルバイトで収入があったとしても「18〜19歳の未成年の学生」は申込不可となります。

 

未成年の契約は後から取り消すことができるので、金融機関にリスクがあるため、どうしてもお金がほしいとしても利用は基本的にできません。

 

ちなみに、学生NGな消費者金融・銀行もあるので注意しましょう。

 

 

カードローンは消費者金融だけでなく銀行でも取り扱いしています。

 

どちらに申し込もうか迷うところかもしれませんが、収入も少なくクレジットヒストリーも浅い学生なら大手消費者金融に申し込むのが良いです。

 

銀行カードローンは審査基準が厳しいので、返済能力もクレジットヒストリーもない学生では審査通過は厳しいのが現実です。

 

また、大手消費者金融は対応が早く、申し込んだその日に借りる事ができる利便性の高さも売りです。

 

どうしてもお金がほしいのであれば、学生さんは大手消費者金融に申し込みましょう。

 

中小の中堅消費者金融ですと、悪徳業者が紛れていて非常に危険な場合もあります。
ですので、利用するなら大手消費者金融が良いでしょう。

 

ちなみに、学生でアルバイトをしていれば必ず審査に通るというわけではありません。
「収入が毎月あり、収入金額に波がない」ということが学生の審査通過条件となります。

 

また、勤続年数も審査では重要となり、最低でも半年以上は現在のバイト先で働いていないと難しでしょう。

 

↓ ↓ ↓ ↓

アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!

 

※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり

 

※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

 

無職は借りれない!どうしてもお金がほしいときはバイトで稼ごう!

 

カードローンの利用条件は各金融機関ごとによって異なります。
ですが「働いて収入があること」はどの金融機関でも共通の審査通過の条件となります。

 

ですから当然、「働いていない人=無職の人」はカードローンに申し込むことは出来ません。

 

仮に申込んだとしても、無職で有ればカードローン審査の時に確実に落されます。

 

中にはアリバイ偽造会社を利用して働いているかのように見せかけ審査に申し込む無職の人もいるようですが、これは犯罪行為ですので絶対にやらないでください。

 

アリバイ偽造会社を使えば詐欺罪として捕まる上に、損害賠償を請求される恐れもあります。
ですので、無職の方はカードローンの利用は諦めましょう。

 

 

無職の人がどうしてもお金がほしい場合、まずは「働いて安定した生活を送られるだけの収入を得ること」を考えましょう。

 

定職に中々就けない無職の人は、まずは日払いの登録アルバイトでお金を稼ぐと良いでしょう。
日雇いのアルバイトをするには派遣会社に登録する必要があります。

 

一度登録すれば後は派遣会社から定期的若しくは不定期で仕事の案内が入ります。
紹介された仕事は必ず引き受けなければいけないというわけではなく、自分で選ぶことも出来ます。

 

登録制のアルバイトはどこも当日中に給料を受け取れるわけではありません。
派遣会社や仕事によっては週払いや振り込みで支払いという場合もあります。

 

「今日中にどうしてもお金が欲しい」など急いでいる場合は、日払いに対応している仕事を中心に探すと良いでしょう。

 

登録制バイトでも高給な仕事は沢山ありますので、短期で集中して稼ぎたい場合は「高給な仕事」を中心に選ぶと良いです。

 

ただし高給な仕事は内用がキツイものが多く、主に肉体系の仕事が中心となりますので、その点を十分理解した上で決めるようにしましょう。

 

このように、無職や失業中の人はカードローンは利用できません。
なので、無職で「どうしてもお金がほしい」のであればアルバイトでお金を稼ぐようにしましょう。

 

 

お金がほしい場合でも個人間融資の掲示板はダメ!

 

金融機関からお金を借りれないという人の中には、どうしてもお金がほしいがために「個人間融資の掲示板」を利用する人も少なくありません。

 

個人間融資とは文字通り「個人同士でお金の貸し借り」を行いますが、親や友人など顔見知りからではなく全く知らない人からお金を借りることになります。

 

具体的には、インターネット掲示板に「お金を借りたい人」と「お金を貸したい人」が書き込みをして直接連絡を取り合いお金の貸し借りをします。

 

金融機関のように審査がないので比較的容易にほしいお金を手にすることが出来ます。
ブラックや多重債務など、まともな金融機関では借りれないような人が利用することが多いです。

 

しかしどうしてもお金がほしいからといっても個人間融資を利用するのは止めましょう。
と言うのも、個人間融資には詐欺が横行していて非常に危険だからです。

 

個人間融資を利用する人の大半は「事情があってお金を借りれないけど、どうしてお金がほしい」という人です。

 

つまり「借りれるならどこでも構わないからお金がほしい」というような人が利用する可能性が高いです。

 

悪徳業者はそのような人をターゲットとし、個人情報やお金をだまし取ろうとしているのです。

 

切羽詰っている人はどうしても警戒心が薄くなりがちですから、悪徳業者側としても非常に騙しやすいといえます。
その為、実際にダマされるまで詐欺だと一切疑いもせず個人間融資を利用してしまうことが多いのです。

 

個人間融資では必ず身分を証明する書類を提出しなければいけません。
何処の誰かも分からない人にお金を貸したくないと思うのは皆一緒です。

 

ですから個人間融資でも身分証明書の提示は必須となります。
悪徳業者はこれをいいことに、身分証明書の提示を受けたらそのまま音信不通になってしまいます。

 

他には「返済能力を確かめたい」「融資するのに手数料が必要」などといって、指定の口座にお金を振り込ませようとしたりもしてきます。

 

冷静に考えればこんな事するのはおかしいと気づくのですが、どうしてもお金がほしいと焦っている状態ですと、言うとおりにしてしまいがちです。
このように個人間融資は非常に危険ですので、仮にお金がほしいとしても利用しないことです。

 

 

どうしてもお金がほしいなら親や友人に頼る手も!

 

「どうしてもお金がほしいけど金融機関で借りたり、バイトで稼ぐのは嫌だ」という場合は「親や友人に頼るのも1つの手」です。

 

金融機関のように厳しい審査や利息を払う必要がありませんので、比較的気軽にお金を借りれるのではないでしょうか?

 

ただし、どうしてもお金がほしいという「理由」が不純ですと、さすがに親や友人でも貸してはくれないでしょう。

 

例えば飲み屋やギャンブルなどの「娯楽目的」であれば、親や友人からお金を借りるのは止めましょう。

 

正直、ガマンすれば良いだけですし娯楽目的であれば、お金を貸す側(親や友人)だって良い気はしませんからその点は十分に気をつけましょう。

 

 

また、親・兄弟・友人などの身内からお金を借りる際でも「借用書」は絶対必須です。

 

「たかが身内からお金を借りるのにそんなもの必要ない」と思っている方は多いでしょう。

 

しかし身内からの借金だからこそ借用書は必須といえます。

 

何故なら身内でのお金の貸し借りはトラブルになりやすいからです。

 

口約束ですと曖昧になってしまい、後々トラブルへと発展しますので、そうならないためにも借用書は必ず作りましょう。

 

借用書を作ることで相手もあなたを信頼して貸してくれるでしょうから、どうしてもお金がほしいのであれば誠意を見せるという意味でも借用書という形で借金していることの証拠を残しておくことです。

 

 

どうしてもお金を借りる理由が言いにくい場合は、「冠婚葬祭が重なってお金が足りない」と言い訳するのが1番良いです。

 

冠婚葬祭が重なることは決して珍しいことではありませんから、相手もすんなり貸してくれるかもしれません。

 

 

もしくは「相手にメリットがあること」を言ってお金を借りるのも手です。

 

例えば、10万円借りる場合は「毎月1万円を11回払いで返す」というような条件の提示です。

 

これなら相手は1万円儲けることになり、ちゃんとメリットがありますからお金を貸してくれる可能性が高くなります。

 

ただし、トラブルの元になりやすいため、できれば身内にお金を借りるのは「本当に困っていて、どうしてもお金がほしい」という時にだけにするようにしましょう。

 

 

国や市役所でも実はお金を借りれる!

 

どうしてもお金がほしい時は国や市役所に相談してみるのも1つの手です。

 

実は公共機関でもお金を借りることは出来ます。

 

十分な告知がされていないため、「民間の金融機関以外からはお金を借りることは出来ない」と思っている方は少なくありません。

 

しかし条件によっては国や市役所からでもお金を借りることは可能ですから、事情があってどうしてもお金がほしい場合は一度相談してみると良いでしょう。

 

 

公共機関の貸付は民間企業とは違って利益目的ではなく国民の生活向上を目的としています。

 

ですから、お金を借りる際の金利はかなり安いです。

 

その殆どが「年1.5%前後」でお金を借りる事が出来ますし、中には連帯保証人を立てることで無利子で借りれる貸付制度も用意されています。

 

利用者にとってかなりメリットのある貸付制度と言えます。

 

 

ただし、国や市役所の公的融資では利用条件がかなり厳しく、かつ融資までに時間がかかることがネックです。

 

まず公的貸付制度を利用するためにはいくつかの条件があり、どうしてもお金がほしいという理由だけで必ず借りれるわけではないのです。

 

その条件とは金融機関の融資サービスとは全く異なるもので、働いて収入がありきちんと生活が送れているような人はまず利用できません。

 

「生活が困窮している」「低所得である」「高齢者や障害者を養っている」といった条件を満たしていなければ難しいでしょう。

 

このように、国や市役所からお金を借りるには、どうしてもお金がほしいという場合でもかなり「生活状況」が厳しくなければ審査通過はできないのです。

 

 

また、資金使途もかなり限定的で、あくまでも「生活していく上で必須となる場合」でないとお金を借りることは出来ません。

 

「遊ぶためのお金がほしい」や「借金返済にあてるお金を借りたい」という場合では絶対に借りれませんので、その点は十分に注意してください。

 

ちなみに、国や市役所の公的貸付は、申し込みから融資実行までかなり時間がかかります。

 

ですから「今日中にどうしてもお金がほしい」と急いでいる人にも向いていません。

 

そのような場合は公的貸付は諦めて、民間の金融機関からお金を借りるようにしましょう。


アコム

アコムのカードローンは

安心の30日間金利0円!


※30日間金利0円サービスはアコムとの契約がはじめてで

返済期日「35日ごと」で契約された方のみ

無担保カードローンが対象。クレジット・借換えローンなどは対象外

プロミス

プロミスのカードローンは

30日間無利息サービスあり


※30日間無利息サービスはプロミスの契約が初めての人のみ

Eメールアドレス登録とweb明細利用も条件

Mr.カードローン

Mrカードローン

おまとめ・借り換えOK!

住信SBIネット銀行のカードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。

三井住友銀行カードローン

安心の低金利・大手の安心さ

三井住友銀行カードローン

詳細はコチラ

※即日での融資はできません。